会計システムを経営管理の簡略化にお勧めするわけは

会社を会計システムで強くする、また、経営及び業績管理のためのメソッドとして積極的に活用し効率性向上に繋げることが大切です。まず、会計システムを導入検討する際、重要な視点は、電子帳簿保存法に準拠しているか確認することです。仮に、準拠していない場合の会計システムは、過去の帳簿の書き換え等脱税を誘発しかねません。また、管理作成される帳簿の証明力も低位と言わざるを得ません。次に、導入する会計システムを経営管理強化のメソッドとして活用する視点として、第一に、経営者へ業績報告を通じ健全経営の推進を図るものとします。第二に、会計処理の合理化を図るよう活用する。第三に、会計の統制維持を図るよう監査機能が装備されています。という以上の視点が現代の会計の基本的考えとなりますので、導入に関し十分な検討が必要です。

会計システムは会社の業績管理に必要不可欠

経営側は、直近の業績動向を的確に把握し、問題や課題を整理、タイムリーに改善具体策を計画、指示、実行と移り、収益性の拡大を目指し続けます。経営にとって重要なことは、実践した競争戦略やマーチャンダイジング戦略、また、マーケティング戦略の成果を適時、見極め、収益状況を検証する業績管理です。また、売掛金の回収状況や諸経費の実態、加えて、労働分配率は適正であるか、経営が決定し取り組んだ結果について、一刻も早く精査し、経営判断の迅速化を目指します。会社を取り巻く環境は劇的に変化しており、短期タームの業績管理がとても重要となっています。短期タームで業績を掌握し、次の一手を打つことが、市場の中で勝ち残る秘訣です。そのために、会計システムを有効活用し詳細な情報の収集と整理分析が必要となります。

会計システムは業務改善や効率向上に繋ぐ現場管理の基本

会社の永続的な業績拡大に向けて、最も重要なことは、現場力の向上と考えます。現場にて、現状の問題や課題を洗い出し、予定業績の阻害要因を特定し改善し続ける対応力が現場力と言えます。この現場力をサポートすべく会計システムを駆使することが業績確保のポイントとなります。例えば、会計システムを使い部門毎の管理会計を実施します。前年対比から経費支出増に焦点を当てムダやムラのある管理を見直し、経費削減に繋げます。また、売上面では粗利別売上動向を掌握、薄利多売の傾向を見直し、高収益の販売にシフトチェンジすることにより、売上は前年維持にあるも収益は二桁増を狙うよう販売戦略を転換します。このように、現場の数多くの課題に対して、会計システムの管理が収支の側面から業務改善の糸口を見つけ、成果創出へと導いてくれます。